アンジェ・ポステコグルー監督がスコットランドに古橋亨梧を呼び寄せてから、その後を追って3人の日本人選手がグラスゴーに渡った。古橋や前田大然、旗手怜央は、セルティックの中心選手として欠かせない存在になっている。

 日本サッカー界を経験したセルティックのOBにとって、彼らの活躍は不思議なことではなかったようだ。2003年シーズンに横浜FCでプレーした元アルバニア代表のルディ・バタ氏は、日本にはヨーロッパでプレーできる才能を持った選手たちがいると話した。

『Tribalfootball』によると、現在はエージェントかつフットボールアドバイザーを務めるバタ氏は、息子を通じてセルティックとつながっており、古巣における日本人選手たちの活躍に感銘を受けているという。また、今季からブライトンでプレーする三笘薫にも注目しているそうだ。

 同メディアで「Jリーグには大きなポテンシャルがあると思う。日本には多くのタレントがいると思うよ。もちろん、もう長年にわたって欧州でプレーする日本人選手はたくさんいるよね」と話している。
 
「その背景にある理由は、彼らに規律のあるタレントたちがいるからだ。そして彼らは仕事に専念する。とてもハードワークする国なんだ。だから欧州で見事なパフォーマンスを残し、成功しているんだよ」

 Tribalfootballによると、バタ氏はイギリスのクラブはもっとJリーグという市場で活発に動くべきとも述べたとのこと。セルティックの面々や三笘らに続き、日本から英国に向かう選手はこれから現れるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】旗手怜央が先制点をもたらす!訂正された“幻のCL初ゴール”

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!