日本代表は9月27日、キリンチャレンジカップ2022でエクアドル代表とドイツのデュッセルドルフ・アレーナで対戦した。
 
 日本は前半からプレスがハマらず、相手に主導権を握られた。それでも積極果敢に前線からの守備を続けて相手のミスを誘い、40分には古橋亨梧に決定機が訪れる。だがこれは相手GKに防がれてしまう。

 後半は一進一退の攻防が続くなか、83分に谷口彰悟が自陣エリア内のファウルでPKを献上。大きなピンチを迎えたが、守護神のシュミット・ダニエルがコースを読み切り、見事ストップ。ゴールは奪えなかったが、南米の強豪を無失点に抑え、スコアレスドローで終えた。
 
 試合後、途中出場でクリーンシートに貢献した遠藤航は、以下のように振り返った。
 
「エクアドルにはボールを捌ける選手が多く、自分たちがプレスをかけてもワンタッチで剥がされてしまい、難しい試合になりました。ダン(シュミット・ダニエル)のPKストップと後ろの粘り強い守備で無失点に抑えられたところは良かったですが、オフェンス面ではもっとできたのかなと。

 後半はオープンな展開の中で自分たちにもチャンスがありましたし、どっちが勝ってもおかしくなかったと思うので、ワールドカップまでの残り時間は短いですが、特に攻撃を修正していきたいです」
 
 交代時の狙いを聞かれると「僕が入った時間帯は押し込まれていたので、前から行くというよりも、ブロックを組みながらチャンスを待とうと考えていました。また、自分たちがボールを持った時に、プレッシャーが来たらサポートをするという意識をより高く持って入りました」とコメントした。
 
 本大会へ向けては「一番大事なのは、今日のようにインテンシティを高く持っているチームに対して、自分たちがテンポを変えながら戦っていくことです。今の日本代表は海外でプレーしている選手が多いので、個人技術も高いはずです」と言葉に力をこめる。
 
 交代時には、柴崎岳に代わってキャプテンマークを巻いた遠藤。チームの主軸であり、ワールドカップでも重要な役割を担うだろう。欧州遠征での2試合で見せた安定感をカタールの地でも発揮し、日本を初のベスト8へ導きたい。
 
構成●サッカーダイジェスト編集部

【キリンチャレンジカップPHOTO】日本0ー0エクアドル|シュミットが渾身のPKストップ!メンバー発表前最後の試合はスコアレスドロー!

【PHOTO】デュッセルドルフ・アレーナに駆け付けた日本代表サポーターを特集!