現地時間9月30日に開催されたポルトガルリーグ第8節で、守田英正が所属するスポルティングが藤本寛也と新井瑞希がプレーするジウ・ヴィセンテとホームで対戦した。

 この試合で貴重な先制点を叩き出したのが守田だ。日本代表のドイツ遠征帰りにもかかわらず、スタメンに名を連ねると、スコアレスで迎えた16分、ゴール前に顔を出し、左サイドのヌーノ・サントスが蹴り込んだシュート性のボールに反応。右足を伸ばして、ゴールにねじ込んでみせた。

 
 今夏にサンタ・クララから加入した27歳のMFは、これが待望の移籍後初ゴール。さらに、その6分後には、絶妙のスルーパスでアシストもマークした。

 守田の1ゴール・1アシストの活躍でリードを奪ったスポルティングは、82分にも加点。その後の反撃を1点に抑えて、3ー1で勝利を収めている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】シュート性のボールを見事な反応で合わせる!守田が決めたスポルティング移籍後初ゴール

【画像】「いつ見てもお似合い」守田英正&モデル藤阪れいなさん、夫婦のラブラブ2ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!