スポルティングの守田英正が止まらない

 現地時間9月30日に開催されたポルトガルリーグの第8節で、スポルティングは藤本寛也と新井瑞希が所属するジウ・ヴィセンテをホームに迎えた。

 開始16分、守田はゴール前に入り込むと、左サイドからヌーノ・サントスが蹴り込んだシュート性のボールに反応。右足を伸ばしてゴールにねじ込み、移籍後初ゴールとなる先制点を奪う。

【動画】シュート性のボールを見事な反応で合わせる!守田が決めたスポルティング移籍後初ゴール
 さらにその6分後だった。味方のロングフィードに呼応して飛び出すと、一度相手DFがクリアし、空中に浮いたボールを足下に収める。そしてマーカーを背負った状態で、なんと絶妙のヒールパス。これを受けたペドロ・ゴンサウベスがネット揺らし、追加点を奪った。

 27歳の日本代表MFは、チャンピオンズリーグのフランクフルト戦に続き、これが今シーズン公式戦2つ目のアシストとなった。

 試合はその後、両軍が1点ずつ取り合い、3ー1でスポルティングが勝利を収めた。

 23日に行なわれた森保ジャパンのアメリカ戦でも鎌田大地の先制ゴールをアシストするなど躍動した守田。代表戦の疲れも見せず、キレッキレのパフォーマンスを披露した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】キレッキレの守田が魅せる!FWかのような飛び出しで巧みなキープ→おしゃれなヒールパスで絶品アシスト

【画像】「いつ見てもお似合い」守田英正&モデル藤阪れいなさん、夫婦のラブラブ2ショット!

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!