絶妙のお膳立てが激賞されているのが、スポルティングのMF守田英正だ。

 現地時間9月30日に開催されたポルトガルリーグ第8節で、スポルティングは藤本寛也と新井瑞希が所属するジウ・ヴィセンテとホームで対戦。3−1で快勝を収めた。

 日本代表のドイツ遠征から戻ってきたばかりの守田は開始16分、左サイドのヌーノ・サントスが放ったシュート性のボールに反応。右足を伸ばしてつま先でゴールにねじ込み、先制点を奪う。27歳のニューカマーはこれが移籍後初ゴールとなった。

【動画】シュート性のボールを見事な反応で合わせる!守田が決めたスポルティング移籍後初ゴール
 圧巻だったのはその6分後だ。味方のロングフィードに反応して前線に飛び出すと、一度相手DFにクリアされ、空中に浮いたボールを巧みに足下に収める。そして、マーカーを背負った状態で、ペナルティエリア内に走り込んだペドロ・ゴンサウベスに絶妙のタイミングでヒールパス。ポルトガル代表MFが鮮やかにネット揺らし、リードを広げた。

 この見事なヒールアシストを現地ポルトガルのメディアも絶賛。『Record』紙が「モリタの魔法のバックヒールパス」と伝えれば、『Mais Futebol』紙も「天才モリタが2−0とする得点で輝いたゴンサウベスを助けた。日本人が素晴らしい受け方とアシストを見せた」と称えている。

 アイデアと技術の高さが生み出した、絶品のアシストだった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】キレッキレの守田が魅せる!FWかのような飛び出しで巧みなキープ→おしゃれなヒールパスで絶品アシスト

【画像】「いつ見てもお似合い」守田英正&モデル藤阪れいなさん、夫婦のラブラブ2ショット!