三笘薫にチンチンにされたイングランド代表DFに批判の声が殺到している。

 現地時間10月1日に開催されたプレミアリーグの第9節で、三笘が所属するブライトンはリバプールとアウェーで対戦。壮絶な打ち合いの末に、3−3のドローに終わった。

 2−3と逆転された直後の65分から投入された三笘は、左サイドで躍動。72分には、対峙したイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドをあっさり抜き去り、モハメド・サラーもかわしてクロスを送り込む。

【動画】「加速エグい」「たまらん」三笘がイングランド代表DFをぶち抜いた鮮烈シーン
 84分にも、左サイドから左足でクロスを供給し、レアンドロ・トロサールのこの日3目となる同点弾をお膳立て。その後も、アレクサンダー=アーノルドを翻弄してイエローカードを誘発するなどこのサイドを蹂躙し、称賛を浴びた。

 逆に、辛辣な批判に晒されているのが、完全に後手に回ったアレクサンダー=アーノルドだ。元々、守備力の弱さを指摘されてきた右SBは、三笘とのデュエル以外でも、1点目のシーンでトロサールへの対応がおろそかになるなど脆弱さを露呈し続けた。

 ファンからも「守備する気あるん?」「攻撃では欠かせないけど、守備は度外視できない状況」「守備ざる」「守備面においてアーノルド完全に穴」「今日も平常運転」「お散歩アーノルドが穴すぎる」「TAAじゃ相手にならん」「攻撃に関しては世界レベルだけど守備は2部レベルと言われてもおかしくない」といった辛辣な声が続々と上がっている。

 イングランド代表の右SBは競争が激しく、一時は「世界最高の右SB」とさえ言われた男のカタール・ワールドカップ行きが、いよいよ怪しくなってきた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部 

【動画】三笘薫のほぼアシスト!劇的同点弾をお膳立てした左足クロス