アンフィールドで躍動した三笘薫をクラブも称えている。

 現地時間10月1日に開催されたプレミアリーグの第9節で、三笘が所属するブライトンは敵地アンフィールドでリバプールと対戦。打ち合いの末に、3−3のドローに持ち込み、貴重な勝点1をもぎ取った。

 ベンチスタートとなった日本代表アタッカーに出番が回ってきたのは、2点のリードを逆転された直後の65分だった。

 4−4−2の左サイドハーフに入ると、72分にイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドをあっさり抜き去り、モハメド・サラーもかわしてクロス。チャンスを創出する。

 さらに74分にも、左サイドでベルビス・エストゥピニャンへ的確なパス。ウェルベックの際どいへディングシュートの起点となる。

 84分には、鋭いクロスを送り込み、ハットトリックとなるレアンドロ・トロサールの同点弾ゴールをお膳立て。アシストはつかなかったものの、強烈なインパクトを残した。

【動画】「加速エグい」三笘がイングランド代表DFをぶち抜いた鮮烈シーン&劇的同点弾をお膳立てしたほぼアシスト
 ブライトンの公式SNSは翌日、「ベンチスタートから大きな衝撃」と題して、三笘が翻弄したアレクサンダー=アーノルドとマッチアップするシーンなどの写真を投稿。すると、ファンから次のようなコメントが寄せられた。

「スタメンで使ってくれ」
「彼は素晴らしい。とても速い。先発するのを見るのが待ちきれない」
「彼の加速力は私が見た中で最高」
「プレーするたびに驚かされる」
「彼はちょっと特別だ」
「信じられない選手だ」
「衝撃を与えた」
「凄まじい能力だ」

 またしても結果を残した三笘。トロサールとの同時起用でも機能し、スタメンへの期待は高まるばかりだ。
  
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】「ベンチから大きな衝撃」ブライトン公式の三笘薫を賞賛する投稿