今シーズンの2点目に賞賛の声が上がっている。

 現地時間10月2日に開催されたラ・リーガの第7節で、久保建英が所属するレアル・ソシエダはジローナと敵地で対戦。激しい打ち合いの末に、5−3で勝利を飾っている。

 この試合で勝負を決める5点目を決めたのが、8分にアレクサンダー・セルロトの先制点をアシストした久保だった。

 85分、ペナルティエリア内でそのセルロトからラストパスを受けると、ワンステップでDFを外して左足を一閃。鋭いシュートを逆サイドのネットに突き刺してみせた。
 
 試合を配信したDAZNの公式YouTubeがハイライト動画を公開すると、この一撃に対し、つぎのような声が寄せられた。

「足の振り速いし、めちゃくちゃ良いシュートだったね」
「シュートスピードもキックまでの速さも素晴らしい」
「シュートふっつうにうめー」
「あのワンタッチからワンステップシュートは反応出来んわ…」
「あれだけ前からプレスし続けて後半39分であのキレのゴールは見事」
「神コースすぎる」
「めっちゃいいコースに打ってるな」

 1ゴール・1アシストと目に見える結果を残した久保。まさに乗りに乗っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「足の振り速い」「めっちゃいいコースに打ってる」久保建英が決めた左足強烈弾をチェック

【動画】ダイレクトでグラウンダーの絶妙クロス!久保建英の3試合連続のアシスト