現地10月27日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第5節で、久保建英が所属するレアル・ソシエダがキプロスのオモニア・ニコシアと敵地で対戦。2―0の快勝を収め、怒涛の5連勝を飾った。

 4―3―3の右ウイングで先発した久保は、8分、17分と果敢にシュートを放つも枠を捉えられない。

 33分には、右サイドのタッチライン際で相手と腕を使って競り合った際に、左肩を痛めて倒れ込む。しばらく起き上がれない状態だったが、治療を受けてピッチへ戻った。

 44分には久保が右サイドからドリブルで切れ込み、最後はジョン・カリカブルがシュートを放つもGKにキャッチされる。
 
 負傷の影響もあったのかハーフタイムに交代となった久保に、スペインメディア『El Desmarqu』のギスプコア版は及第点の「6点」を与え、寸評ではこう綴っている。

「彼は右サイドに多くのスペースを見つけた。肩を痛めて地面に倒れていた時は恐怖を与えたが、幸運にも前半を終えることができた。シュートを試みたが、精度が欠けていた。前半が終わると、彼はロッカールームにとどまった。それが肩のためだったかどうか、詳細を待っている」

 負傷後も前半は普通にプレーを続けていた久保。大事を取っての交代であればいいのだが……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「足の振り速い」「めっちゃいいコースに打ってる」久保建英が決めた左足強烈弾をチェック

【動画】ダイレクトでグラウンダーの絶妙クロス!久保建英の3試合連続のアシスト