「今日この結果は本当に申し訳なく思いますし、残念に思います」

 ジュビロ磐田の渋谷洋樹監督が悔しさを露わにした。

 リーグ最下位の磐田は10月29日、J1第33節で17位ガンバ大阪との残留争い直接対決に挑み、0−2の敗戦。この結果、今季残り1試合で最下位脱出は不可能となり、1年でのJ2降格が決まった。

 試合後のフラッシュインタビューで指揮官は、「J2優勝して、J1昇格をして今年戦いに挑みましたけど、ファン、サポーター、スポンサーの方、ジュビロ磐田に関わるすべての方に、このような残念な結果で今シーズンが終わってしまったこと、本当に申し訳なく思います」と謝罪。そのうえで、改めて今季を振り返った。
 
「今シーズン、選手たちは必死に戦ってきましたが、今日もそうですが、良いゲームをしても、なかなか結果が伴わないゲームがたくさんあった。本当にそこは私が監督になってからも、非常に私の力不足を感じた。選手たちは必死に戦ったが、その結果を出せるような状況をもっと作ってあげられたら良かったと思います」

 渋谷監督は今年8月、伊藤彰前監督の後任として、ヘッドコーチからの内部昇格でトップチーム指揮官に就任。しかし、指揮を執った8試合で1勝4分3敗とチームを立て直せず、今季1試合を残して再降格となってしまった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「パナスタ初凱旋の遠藤保仁」に反響!「グッときた」「だから嫌いになれない」

【PHOTO】残留をめざし、チームを後押しし続けたジュビロ磐田サポーターの姿

【画像】元日本代表、解説者、サッカー好きタレント…豪華メンバーが選ぶ“W杯26人”序列布陣!