現地11月3日に行なわれたヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ最終節で、久保建英が所属する首位のレアル・ソシエダは2位のマンチェスター・ユナイテッドとホーム対戦。この試合には0―1で敗れたものの、勝点、直接対決の結果で並んだユナイテッドを得失点差で上回り、決勝トーナメント進出を決めた。

 試合後、ソシエダのイマノル・アルグアシル監督は、前節のオモニア・ニコシア戦で左肩を脱臼し、この試合を欠場した久保が6日のバレンシア戦に欠場できるかを問われと、次のように回答した。ソシエダの地元紙『Noticias de Gipuzkoa』が伝えている。

【動画】「ひでーえぐられ方」「ふざけんなよ」とファン紛糾!久保建英の負傷シーン
 「タケ・クボは出場を望み、良くなっているが、そうはならないと思う」

 どうやら復帰はもう少し先となりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「ひでーえぐられ方」「ふざけんなよ」とファン紛糾!久保建英の負傷シーン