Jリーグは11月5日、J1最終節の計9試合を開催。全試合が同時刻でキックオフされ、各地で熱戦が繰り広げられた。

 最終節を前に、J1残留が確定していなかったのは5チーム。33節終了時点で、13位の湘南ベルマーレ(勝点38、得失点差−9)、14位のアビスパ福岡(同37、同−9)、15位のガンバ大阪(同36、−11)、16位の京都サンガF.C.(同35、同−8)、17位の清水エスパルス(同33、−9)だ。なお最下位はジュビロ磐田となっている。

 清水は北海道コンサドーレ札幌と対戦。一時はリードを奪う展開だったが、最終的には3−4で敗れ、17位が確定。来季のJ2降格が決まった。
 
 京都はジュビロ磐田とスコアレスドロー。勝点1を上積みしたが、16位は変わらず、J1昇格プレーオフに回ることになった。

 その他、柏レイソルに2−1で勝利した湘南、浦和レッズと1−1の福岡、鹿島アントラーズと0−0のG大阪が残留を決めた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】エースが自信を持って右足を振りました! 湘南・町野修斗の見事なコントロールショット