現地時間11月5日に開催されたプレミアリーグの第15節で三笘薫が所属する8位のブライトンは、降格圏に沈むウォルバーハンプトンと敵地で対戦した。

 前節のチェルシー戦で初スタメンを飾り、初アシストをマークした三笘は、2試合連続の先発出場。4−2−3−1の左サイドハーフに入った。

 開始8分に、マーチがゴール前の絶好機を決めきれなかったブライトンは、その2分後に先制する。左サイドから三笘が送り込んだ絶妙なアウトサイドパスをトロサールが落とし、最後はララーナが叩き込んだ。

 しかし12分、敵の右サイドから抜け出たゲデスに最後は三笘が振り切られてシュートを許し、すぐ同点に追いつかれる。

 23分には三笘がドリブルで持ち込み、スルーパス。トロサールが決定機を迎えるもシュートは枠に収められない。すると35分、ダンクのハンドで献上したPKをネベスに決められ、逆転を許す。

 迎えた44分、右サイドからララーナが上げたクロスを三笘が打点の高いヘッドで合わせ、鮮やかにネットを揺らす。日本代表アタッカーはこれが待望のプレミアリーグ初ゴールとなった。

【動画】三笘薫の絶妙アウトサイドパスが起点となったブライトンの先制ゴール
 躍動する22番は、さらに前半アディショナルタイムにもロングフィードに反応してワンタッチで裏抜けし、これをファウルで止めたセメドを決定機阻止で一発退場に押し込む。

 数的優位となったブライトンは後半に入って49分、マーチが強烈なシュートを放つも敵GKジョゼ・サにセーブされる。62分には三笘が再びドリブル突破。今度はホニーのイエローカードを誘発する。

 迎えた83分、三笘がドリブルで左サイドを抉って折り返しのパス。これをウンダフが繋ぎ、最後はグロスがねじ込んで勝ち越しに成功する。

 このままブライトンが3―2で勝利し、2連勝。全3ゴールに絡む大暴れを見せた三笘は90分で交代となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】打点の高いヘッド炸裂!三笘薫が決めたプレミア初ゴール