衝撃のパフォーマンスといっても過言ではないだろう。

 現地時間11月5日に開催されたプレミアリーグの第15節で、三笘薫が所属するブライトンは、ウォルバーハンプトンと敵地で対戦。3―2でシーソーゲームを制した。

 この試合で全得点に絡む活躍を見せたのが、4−2−3−1の左サイドハーフでスタメン出場を果たした三笘だ。

 まずは開始10分に、左サイドから絶妙なアウトサイドパスを送り込み、これをレアンドロ・トロサールがワンタッチで落として最後はアダム・ララーナが先制ゴールを奪う。

 1―2と逆転されて迎えた44分には、右サイドからララーナが上げたクロスに、敵の右SBネウソン・セメドと競り合いながら打点の高いヘッドで合わせて同点弾。これがプレミア初ゴールとなった。

【動画】「完璧なヘディング」「ディフェンス吹っ飛ばしてる」と反響!打点の高いヘッドで決めた三笘薫のプレミア初ゴール
 さらに後半アディショナルタイムにはロングボールに反応して抜け出し、後ろからファウルで止めたセメドを一発退場に追い込む。

 極めつけは83分だ。得意のドリブルで左サイドを抉って折り返しのパス。これをデニス・ウンダフが繋ぎ、最後はパスカル・グロスが勝ち越しゴールを奪った。

 大暴れの日本代表アタッカーにブライトンの地元メディア『Sussex Express』はなんと採点記事で10点満点を付与。「マン・オブ・ザ・マッチ。紛れもない脅威だ。チームに非常に多くのエネルギー、スピード、積極性をもたらした」と絶賛し、こう続けている。

「ブライトンのすべてのゴールで重要な役割を果たした。ララーナのゴールをプレアシスト。ネウソン・セメドに後ろから倒されて退場に追い込んだ。 ララーナのクロスをヘディングでアルビオンの2点目を決めた。その後、十八番の混乱をもたらすドリブルでグロスを勝者にお膳立てした」

 世界最高峰の舞台で、日本代表アタッカーが眩い輝きを放った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】三笘薫が鮮烈なプレミア初ゴール!全得点関与&レッド誘発の大暴れ