ゴールやドリブルだけではない、その正確なパスにも称賛の声が寄せられている。

 現地時間11月5日に開催されたプレミアリーグの第15節で、三笘薫が所属するブライトンは、ウォルバーハンプトンと敵地で対戦。3―2で勝利を収めた。

 この試合で4−2−3−1の左サイドハーフでスタメン出場を果たした三笘は、1―2と逆転されて迎えた44分に打点の高いヘッドで同点ゴールを奪取。見事にプレミア初得点を決めた。

【動画】「完璧なヘディング」「ディフェンス吹っ飛ばしてる」と反響!打点の高いヘッドで決めた三笘薫のプレミア初ゴール
 さらに、見事なアウトサイドパスをレアンドロ・トロサールに送り込んで先制ゴールの起点となれば、得意のドリブルから決勝弾をお膳立て。全得点に絡む活躍を見せた。

 アダム・ララーナの先制弾のプレアシストとなった絶妙のパスには、現地のファンからワォ!」「驚きだ」「彼のトロサールへのアウトサイドパスの精度は恐ろしく良かった。なんて宝石だ!」「ミトマのパスはレベルが違う」といった感嘆の声があがっている。

 ドリブルはもちろん、パスにフィニッシュに、圧巻の活躍だった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「恐ろしい精度」「レベルが違う」と絶賛の声!“プレアシスト”となった三笘薫の正確無比なアウトサイドパス

【動画】三笘薫が鮮烈なプレミア初ゴール!全得点関与&レッド誘発の大暴れ