圧巻のパフォーマンスを英国メディアも絶賛している。

 現地時間11月5日に開催されたプレミアリーグの第15節で三笘薫が所属するブライトンは、ウォルバーハンプトンと敵地で対戦。3―2で逆転勝利を収めた。

 その立役者となったのが、全得点に絡む活躍を披露した三笘だ。10分に正確なアウトサイドのパスでアダム・ララーナが決めた先制点のプレアシストをマークすれば、1―2と逆転されて迎えた44分には、右サイドからのクロスに敵DFネウソン・セメドと競り合いながら打点の高いヘッドで合わせて同点弾を決める。

【動画】「完璧なヘディング」「ディフェンス吹っ飛ばしてる」と反響!打点の高いヘッドで決めた三笘薫のプレミア初ゴール
 このプレミア初ゴールの数分後には、ロングボールに反応して抜け出し、後ろからファウルで止めたセメドを一発レッドに追い込む。そして83分には、得意のドリブルで左サイドを切り裂き、デニス・ウンダフへパス。そこからパスカル・グロスに繋がり、勝ち越しゴールとなった。

 ブライトンの地元メディア『Sussexlive』は、採点記事で単独の最高評価となる9点満点を付与。次のように絶賛している。

「右SBのセメドに左サイドで多くの問題を引き起こし、彼(ミトマ)をスタメンに留める決定を正当化した。パワフルなヘディングでクラブ初ゴールをスタイリッシュに決め、その後、ボックスの端でセメドのファウルを誘発し、退場に繋がった。絶え間ない脅威となり、ウルブスは彼を全く抑え込めなかった」

 今後にますます期待を抱かせる、文字通り鮮烈な活躍だった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】三笘薫が鮮烈なプレミア初ゴール!全得点関与&レッド誘発の大暴れ