11月7日、2022-23シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選会がスイスのニヨンで行なわれた。

 ラウンド・オブ16では、グループステージで1位と2位のチームが激突(第1レグが2位のホーム)。同じ協会のクラブ、グループステージで同じ組だったクラブとは対戦しないという条件でドローが行なわれ、8カードが決定した。

 昨シーズンの決勝カードと同じリバプール対レアル・マドリー、パリ・サンジェルマン対バイエルンなど目が離せない対戦が目白押しだ。鎌田大地と長谷部誠が所属するフランクフルトはセリエA首位と好調のナポリと相まみえる。

 なお、第1レグは2023年2月14、15、21、22日、第2レグは3月7、8、14、15日に開催される。

 ラウンド・オブ16の8カードは以下の通り(左側がグループステージ2位)。

リバプール(イングランド)対レアル・マドリー(スペイン)
クラブ・ブルージュ(ベルギー)対ベンフィカ(ポルトガル)
インテル(イタリア)対ポルト(ポルトガル)
フランクフルト(ドイツ)対ナポリ(イタリア)
ミラン(イタリア)対トッテナム(イングランド)
RBライプツィヒ(ドイツ)対マンチェスター・シティ(イングランド)
ドルトムント(ドイツ)対チェルシー(イングランド)
パリ・サンジェルマン(フランス)対バイエルン(ドイツ)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ドリームチーム撃破、イスタンブールの奇跡、マドリーの3連覇etc...CL歴代王者の戴冠シーンを一挙公開!