現地時間11月9日に開催されているスコットランドリーグ第15節で、日本人4選手を擁する首位のセルティックは、9位のマザーウェルと敵地で対戦。

 カタール・ワールドカップの日本代表メンバーから落選した古橋亨梧と旗手怜央が先発し、唯一選ばれた前田大然はベンチスタートとなった。今シーズンいまだ公式戦の出場がない井手口陽介はベンチからも外れた。
 
 国内リーグ6連勝中のセルティックは15分、ペナルティエリア内でボールを奪い返したオライリーのクロスを古橋が冷静に流し込み、さっそく先制点を奪う。27歳のエースはリーグカップを含め、自身が出場した国内での試合においては4戦連発で、今シーズンの公式戦11点目。リーグ戦での得点数も二桁に乗せた。

 カタール行きを逃した古橋が、再び得点ペースを上げている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】見事な反転→華麗なダブルタッチで決めた旗手怜央の左足弾をプレイバック!

【画像】日本代表のホームが堂々1位!英紙が選出したカタールW杯出場国の「ユニホームランキングTOP10」