日本代表アタッカーに賞賛の声が集まっている。

 現地時間11月9日に行なわれたカラバオカップ(リーグカップ)の3回戦で三笘薫が所属するブライトンは、冨安健洋がプレーするアーセナルと敵地で対戦した。

 故障中の冨安が欠場した一戦で、ベンチスタートとなった三笘が投入されたのは、1―1に追いついて迎えた後半の頭からだった。

 すると58分、ボックス内の左サイドでパスを受けると、マーカー2人が寄せて来たにもかかわらず、右足でその間を抜く狙い澄ましたシュート。見事なゴラッソを叩き込んでみせた。
 
 プレミア初ゴールを決めるなど全3得点に絡んだウォルバーハンプトン戦に続き、2戦連発の22番をブライトンの地元メディア『Sussexlive』は評価。チーム2位タイの「8点」を付与し、こう賞賛している。

「ウルブス戦で中断したところから再開し、今度はベンチからとびきりのプレーを披露した。 左サイドで(アーセナルの右SB)セドリク・ソアレスにあらゆる種類の問題を引き起こし、見事にゴールを奪った」

 3試合連続の躍動で、評価は高まるばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】強豪アーセナルを相手に右足で鮮やかなゴラッソを叩き込んだ三笘

【動画】「完璧なヘディング」「ディフェンス吹っ飛ばしてる」と反響!打点の高いヘッドで決めた三笘薫のプレミア初ゴール