イングランドサッカー協会は11月10日、カタール・ワールドカップ(W杯)を戦う同国代表のメンバー26人を発表した。

 キャプテンを務めるハリー・ケインやラヒーム・スターリング、ジョーダン・ピックフォードらが順当にメンバー入り。また、マンチェスター・ユナイテッドで厳しい立場にあるハリー・マグワイアや、守備力の脆弱性が槍玉に挙げられ、当落線上とされたトレント・アレクサンダー=アーノルドも名を連ねた。
 
 グループステージでイラン、アメリカ、ウェールズと戦う、イングランド代表メンバー26人は以下の通りだ。

GK
ジョーダン・ピックフォード(エバートン)
ニック・ポープ(ニューカッスル)
アーロン・ラムスデイル(アーセナル)

DF
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)
コナー・コーディ(エバートン)
エリック・ダイアー(トッテナム)
ハリー・マグワイア(マンチェスター・U)
ルーク・ショー(マンチェスター・U)
ジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)
キーラン・トリッピアー(ニューカッスル)
カイル・ウォーカー(マンチェスター・C)
ベン・ホワイト(アーセナル)

MF
ジュード・ベリンガム(ドルトムント/ドイツ)
コナー・ギャラガー(チェルシー)
ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)
メイソン・マウント(チェルシー)
カルビン・フィリップス(マンチェスター・C)
デクラン・ライス(ウェストハム)

FW
フィル・フォデン(マンチェスター・C)
ジャック・グリーリッシュ(マンチェスター・C)
ハリー・ケイン(トッテナム)
ジェームズ・マディソン(レスター)
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)
ブカヨ・サカ(アーセナル)
ラヒーム・スターリング(チェルシー)
カラム・ウィルソン(ニューカッスル)

 イングランドは4年前のロシアW杯で4強入りし、昨夏のEUROではファイナリストに。しかし、今年6月には伏兵ハンガリーに0−4で大敗を喫するなど、まさかの直近6戦未勝利で、3月のコートジボワール戦を最後に、白星から遠ざかっている。

 サッカーの母国への風当たりは強いが、選ばれし26人は56年ぶりに世界の頂まで辿り着けるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】日本代表のホームが堂々1位!英紙が選出したカタールW杯出場国の「ユニホームランキングTOP10」