三笘薫が所属するブライトンのレジェンドストライカーであるグレン・マレーが、古巣のイタリア人指揮官を称えている。

 ブライトンはシーズン開幕後の9月にグレアム・ポッター監督がチェルシーへ引き抜かれたため、後任に母国のサッスオーロで名を揚げたロベルト・デ・ゼルビを招聘した。

 就任当初は結果が出なかったものの、10月29日にポッター率いる“因縁”のチェルシーを4―1で撃破すれば、続く11月5日のウォルバーハンプトン戦では3−2の逆転勝ち。さらに4日後のリーグカップではプレミア首位のアーセナルを3―2で下してみせた。
 
 この間、ポッター時代はスーパーサブ止まりだった三笘は、チェルシー戦でプレミア初スタメンを飾り、さっそく初アシスト。ウルブス戦で待望の初ゴールを含む全得点に絡む活躍を見せると、途中出場だったアーセナルでは圧巻の2試合連続得点を決めている。

 マレーは、ブライトンの得点力が上がった理由について、「彼らは前に進むことに、より多くのエネルギーと重点を置いており、コーチングスタッフからチャンスを作り、仕上げるように後押しされているんだ」とコメント。さらに日本代表アタッカーについて言及している。

「デ・ゼルビが来て以来、ミトマは新鮮な空気を吹き込んでおり、監督はプレーするためのより多くの機会を彼に与えた」

 ブライトンの得点力の向上の要因のひとつは、三笘の重用にあると考えているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【動画】プレミア首位のアーセナルから2戦連発弾!三笘の鮮やかなゴラッソをチェック

【動画】「完璧なヘディング」「ディフェンス吹っ飛ばしてる」と反響!打点の高いヘッドで決めた三笘薫のプレミア初ゴール