11月13日に開催されるプレミアリーグ第16節で、15位のアストン・ビラをホームに迎える、7位のブライトンがスタメン11人を発表。リーグ戦2試合連続で先発中だった三笘薫はベンチからも外れた。

 25歳の日本代表MFは、怪我から復帰明けのチェルシー戦(4−1)でプレミアリーグ初先発。そこで見事に初アシストをマークすると、翌節のウォルバーハンプトン戦(3−2)では打点の高いヘッドで初ゴールを挙げてみせた。

 止まらぬ三笘は、直近のアーセナルとのリーグカップ3回戦(3−1)でも鮮烈なゴラッソを叩き込み、公式戦2試合連発。ウナイ・エメリ新監督が率いるビラとのカタール・ワールドカップ前ラストマッチでも活躍の期待が高まっていたが、先発はおろかベンチにも入らず。ネット上は驚きの声で溢れている。
 
「三笘どこいった?」
「三笘いねぇ!なにごとよ」
「W杯間に合うのかな」
「もうカタール行った?」
「ここ数日、三笘の試合を楽しみに生きてたから悲しい」
「三笘心配すぎる」
「大事をとってという事を願っている」

 なお、ブライトンの番記者アンディ・ネイラー氏は、先発発表のタイミングに合わせ、「アダム・ウェブスターとカオル・ミトマが体調を崩したため、リーバイ・コルウィルとダニー・ウェルベックを起用した。ミトマは日本代表として臨むワールドカップには間に合いそうだ」とツイートしており、欠場の理由は体調不良のようだ。

 今や森保ジャパンの攻撃のキーマンの1人なだけに、開幕が迫る大舞台に万全の状態で臨めることを願いたい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「英語もできるのか!」三笘と現地レポーターのやり取りをチェック

【動画】「完璧なヘディング」「ディフェンス吹っ飛ばしてる」と反響!打点の高いヘッドで決めた三笘薫のプレミア初ゴール