プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの発言が波紋を広げている。

 英紙『The Sun』を筆頭に、英公共放送『BBC』などが一斉に報じたのは、現地メディア『TalkTV』でC・ロナウドが、ピアーズ・モーガン氏のインタビューで明らかにした内容だ。「クラブから裏切られたと感じた」「(現指揮官の)エリク・テン・ハーフをリスペクトしていない。僕もリスペクトされていないから」「クラブは全く進化していない」といったユナイテッドへの不満や不信感を爆発させている。

 モーガン氏がこのインタビューの一部を自身のTwitterで公開すると、現地サポーターの間では賛否両論が渦巻く事態に。「テン・ハーフはスターを扱えていない」「僕は何があっても彼のファンだ」といったスターを支持する意見がある一方、「なんて自己中心的な人間なんだ」「ゴールを決めてから言ってほしい」「夏にどこも手を挙げなかったのが現実だ。マドリーは見限り、ユーベは追い出した。アメリカに行くと良い」といった批判的な声も少なくない。

 また、英紙『Forbes』などでユナイテッドの番記者を務めるサム・ビルジャー記者は、自身のTwitterを通じて「なぜテン・ハーフがC・ロナウドをリスペクトする必要があるのか?」と疑問を呈した。
【動画】C・ロナウドが自らマンUに「裏切られた」と述べた、衝撃インタビューの一部
「彼はシーズン最初の2か月間、移籍を要求し続け、その後には体調不良で遅刻し、試合が終わる前に早退し、実際に交代出場を拒んだ。シーズンを通じてひどいプレーをし、今こうなっている……。テン・ハーフは1週間前、彼をキャプテンに任命した。公式戦のキャプテンに! 彼が自分とユナイテッドのためにプレーを拒否したわずか2週間後にだ。信頼と尊敬を示したのに、C・ロナウドはこんな仕打ちをするのか。落ちぶれたものだ」

 また、英スポーツチャンネル『Sky Sports』のヘッドリポーターであるカベ・ソルシェコル氏も自身のTwitterで、スター選手の行動に言及している。

「テン・ハーフとその選手たちは、C・ロナウドのインタビューの方法とタイミングに非常に失望している。クラブはフルアム戦の後、ロンドンに帰る準備を整えている間に、このニュースを知った。クラブは彼に関するあらゆる選択肢を検討することになりそうだ。経営陣も選手も、なぜ彼があのようなことを言ったのか理解していない。そして、このようにクラブ、監督、チームメイトを軽視した行動に大いに失望している。

 彼は木曜日にフルアム戦の先発メンバーに入れないと通告されたが、メンバー入りはしていたはずだった。だが、彼はクラブに体調不良を告げた。ユナイテッドの誰も、彼を軽視していない。彼が退団を求めた後も、スパーズ戦で交代出場を拒んだ後も」

 37歳ベテラン戦士の行動に、失望の声が高まっていることも確かだ。インタビューの全容が待たれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】どこもかしこもデザイン刷新! カタールW杯・出場国の「本大会用ユニホーム」を一挙公開!

【PHOTO】絶世の美女がずらり! C・ロナウドの“元恋人&パートナー”たちを年代順に一挙公開!
 
【PHOTO】ドリームチーム撃破、イスタンブールの奇跡、マドリーの3連覇etc...CL歴代王者の戴冠シーンを一挙公開!