Jリーグは11月14日、2022シーズンのJ2リーグアウォーズを開催。各賞が表彰され、ベストイレブンとMVPが発表された。

 ベストイレブンには、今季のリーグを制した新潟から堀米悠斗や伊藤涼太郎ら最多6名が選出。26ゴールで得点王に輝いた横浜FCの小川航基も名を連ねた。

 栄えある11人は以下のとおり。

【GK】
小島亨介(新潟)
【DF】
ヨルディ・バイス(岡山)
堀米悠斗(新潟)
舞行龍ジェームズ(新潟)
【MF】
伊藤涼太郎(新潟)
長谷川竜也(横浜FC)
河原 創(熊本)
高木善朗(新潟)
高 宇洋(新潟)
【FW】
小川航基(横浜FC)
髙橋利樹(熊本)
 
 そして最優秀選手賞は、小川航基が受賞。25歳のストライカーは「素直に、めちゃくちゃ嬉しい」と喜びを伝える。MVP、得点王、ベストイレブンの“個人3冠”。「プロに入ってからずっと、これぐらいはやれる自信はあった。それぐらいの能力はあると思っていました」と力強く語った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】ホームビッグスワンでJ1復帰の歓喜を味わった新潟サポーター

【中村俊輔引退会見PHOTO】ありがとう俊輔!レジェンドが笑顔で引退会見を実施!