日本女子代表は現地時間11月15日、国際親善試合でスペイン女子代表とセビージャ(スペイン)で対戦。試合は0−1で敗れた。

 日本のスタメンは、GKに山下杏也加、3バックは南萌華、熊谷紗希、三宅史織、ダブルボランチは猶本光、林穂之香、右ワイドに清水梨紗、左ワイドに遠藤純、2シャドーは長谷川唯、藤野あおば、1トップは田中美南というラインナップに。

 立ち上がりの日本は、自陣からのロングボールをチャンスにつなげるなど何度か相手を押し込む場面を作る。だがその流れを得点につなげられず、逆に先手を許す。

 9分、相手のロングシュートはバーに救われたが、そのこぼれ球への反応が遅れ、アルバ・レドンドにシュートを叩き込まれる。

 1点を追う日本は慌てることなく反撃を試み、マイボールにすれば連動したパスワークで敵陣に侵入。19分には田中が絶好機を迎えるが、これは相手GKの好守に阻まれる。

 33分には遠藤のFKから南が決定的なヘディングシュート。だが、またも相手GKのファインセーブの前にゴールを割れない。一方、2点目を狙いにくるスペインのダイナミックな攻撃には、身体を張った守備で対抗。前半は0−1で折り返す。
 
 迎えた後半、日本はさらに攻勢を強めるが、スペインの組織的かつ強度の高いディフェンスに攻めあぐねる。セットプレーでも相手ゴールに迫るが、あと一歩のところで合わせられない。

 植木理子、宮澤ひなた、などアタッカーの投入も実らず。フィニッシュの部分で課題を残した日本は、0−1の完封負けを喫した。

 日本は11日のイングランド戦は0−4の敗戦。今回の欧州2連戦では1つのゴールも奪えず、2連敗という結果に終わった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】南野、久保、伊東、堂安…日本代表・欧州組がカタール到着時に披露した“クールな私服”姿を総チェック!

【PHOTO】右サイドを力走!なでしこの中核を担う清水梨沙を特集!