カタール・ワールドカップに挑む森保ジャパンがカナダとの最後のテストマッチを行なう11月17日、その日本代表に漏れた古橋亨梧がネットを揺らした。

 現在、アンジェ・ポステコグルー監督の母国オーストラリアでツアーを行なっているセルティックは同日、シドニーFCと対戦。古橋は井手口陽介とともに先発した。
 
 そしてスコアレスで迎えた23分、アレクサンドロ・ベルナベイがエリア外から放ったシュートに素早く反応。胸で巧みにコースを変えて、ネットを揺らしてみせた。

 このゴールに、日本や海外のファンが反応。セルティック公式ツイッターのコメント欄には「さすがの点取り屋!」「キョウゴは適切なタイミングで適切な場所にいる」「さすがです」「すさまじい反応だ」「キョウゴのゴールは魔法」「クールじゃないか」といった寄せられている

 意地を見せるかのようにその得点力を発揮した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「彼はいつもそこにいる」古橋亨梧が素早い反応で決めた技ありの“胸ゴール”

【画像】日本代表のホームが堂々1位!英紙が選出したカタールW杯出場国の「ユニホームランキングTOP10」