現地時間11月17日、日本代表はカタールの隣国、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで最後の強化試合を実施。FIFAランキングでは日本(24位)を下回る、カナダ代表(41位)との一戦だ。

 前半に相馬勇紀がゴールを挙げたもののセットプレーで追いつかれ、前半は1−1で終える。後半から上田綺世、堂安律、山根視来らがピッチインした。

 UAEのスタジアムに集った日本サポーターのほか、テレビやストリーミングで見守るファンもSNSで盛り上がりを見せている。
【動画】柴崎のフィードに相馬が飛び出す! カナダ戦の先制ゴールをチェック
「上田きたー堂安も」
「山根は酒井と交代か」
「カナダの11番裏抜けが上手い」
「プレスをどこでかけるのか、ちゃんと約束事があるのかなあ?」
「今の日本てどれだけセットプレーで決めてない?」
「俊輔とか本田なみのフリーキッカーが欲しい」
「南野おおおおおおお そこは決めちくりーーー」
「上田綺世めっちゃ調子良さそう」
「マジで柴崎いいわ。 全然いける」
「鎌田と柴崎のボランチは、どうしても点が欲しいシチュエーションのテストかな?」
「伊藤のユーティリティ性は魅力だなあ」
「鎌田ジャパンでいいよもう。そっちでいこうよ」
「予選落ち候補のカナダ相手にこの有り様」
「吉田って343をW杯で使うんか?」
「やまねーこういうのが決まらない」
「こういう試合ありそうだよな……コスタリカ戦とか」
「山根え…何やっとんねん」
「権田惜しい。本大会じゃなくてよかった」
「これじゃ1勝もできそうもないな」
「今のは権田責めれんよ」
「セットプレー2失点だもん。課題分かりやすかったね」
「川崎の選手がJリーグだと見逃してもらっているプレーが代表だと、普通にファールになっているのかなと」

 試合終盤に山根が与えてしまったPKで、1−2で敗れた森保ジャパン。カタール大会初戦を前に、日本代表チームの問題も露わになった試合となり、ファンも複雑な心境のようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】終了間際に三笘薫が追加点! 圧巻のドリブルからのシュートをチェック

【PHOTO】日本代表が渾身の決めポーズ披露!W杯公式ポートレートまとめ(背番号10〜17編)

【動画】所属クラブでも絶好調の鎌田大地が奪った先制ゴールをチェック!

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!