現地11月20日にカタール・ワールドカップの開幕戦、カタール対エクアドルがアル・ホールのアル・バイト・スタジアムで開催。世界が注目する一戦で、16分、大会第1号が生まれる。
 
 立ち上がりからゲームを優位に進めていたエクアドルは、敵陣エリアに侵入したキャプテンのエネル・バレンシアが敵GKに倒されてPKを獲得。キッカーはバレンシア自らが務め、冷静にコースを突いたショットでネットを揺らした。

 試合はエクアドルの1点リードで推移している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】カタールW杯第1号はエクアドルのバレンシア! 冷静にPKを沈める

【W杯PHOTO】ついに開幕!カタールに集結する各国サポーター!

【画像】日本代表のホームが堂々1位!英紙が選出したカタールW杯出場国の「ユニホームランキングTOP10」

【PHOTO】“世界一美しいフットボーラー”に認定されたクロアチア女子代表FW、マルコビッチの悩殺ショットを一挙お届け!