現地時間11月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ(E組)で、スペイン代表とコスタリカ代表が対戦した。

 立ち上がりからスペインがボールを握り、試合を進める。5分、ペドリのパスに抜け出したダニ・オルモがダイレクトボレーで狙ったが、惜しくもゴール左に外れる。
 
 スペインが好発進したなかで、試合が動いたのは11分。エリア手前の中央でボールを受けたガビの浮き球パスが相手DFに当たり、ダニ・オルモに渡ると、華麗なターンからループシュートを決める。あっさりとスペインが先制点を奪った。

 その後、スペインは2点を追加。試合は3−0で推移している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】華麗なターン→ループ、ダニ・オルモの先制弾をチェック!※投稿の白地部分をクリック

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【W杯PHOTO】ファティ、ペドリ、ガビら若手が台頭!スペイン代表の“決めカット”ギャラリー!