現地時間11月23日、森保一監督が率いる日本代表は、カタール・ワールドカップ初戦でドイツ代表と対戦。33分にPKで先制されるも、後半に途中出場した堂安律、浅野拓磨のゴールで逆転し、劇的な逆転勝利を収めた。

 この大金星に反応したのが、スペインの新聞『MARCA』だ。「スペインよ、気を付けろ。日本が来るぞ!!!」と警鐘を鳴らしている。

「日本代表は、個よりも組織という、昔から変わらない方針でこの大会に臨んだ。26人のメンバーは中盤の人数にオーバーブッキングがあるほど充実しているが、『9番(ストライカー)』が欠けていたのだ。実際、セルティックの古橋亨梧がメンバー外になったことは、広く批判された。

 そして、ドイツ戦の前半は最悪の予兆を確認するような内容だった。PKで失点した後に攻撃の選択肢は消えてしまい、ドイツに翻弄された。ハーフタイムには0−1よりも大きなスコアで突入する可能性もあった」
【W杯PHOTO】堂安だ! 浅野だ! 日本代表が大金星を挙げた大国ドイツとの歴史的一戦を厳選フォトでお届け!
 だが、「HT後に日本は生き返った」と驚嘆している。

「森保はHTに久保を退場させ、冨安健洋を投入して3バックに変更。これはドイツと再び戦うための決断だった。そして浅野拓磨、堂安律、南野拓実といった選手を送り込んだ。この“切腹”覚悟の、大胆な決断こそが勝因だ。変化が相手を難しくさせ、浅野と堂安がゴールを決め、勝利を呼び込んだ。最終的に1−5−4−1といったフォーメーションは嘘となり、3人のバック、6人のストライカーをフィールドに据えるという、信じられない“革命”を起こして、番狂わせを現実にしたのだ」

 そして、グループステージ第3戦で対戦する日本について、このように綴った。

「この結果は、スペインに対する重大な警告だ。彼らがドイツを破ったことで、グループEの争いは分からなくなっていくかもしれない。油断はできない」

 スペインと日本の試合は、現地時間11月30日の22時(日本時間12月1日の4時)に行なわれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!

【W杯PHOTO】伊東や前田を中心に攻め込むもドイツが1点をリード、同点弾を目指して後半へ折り返す!

【画像】日本代表のホームが堂々1位!英紙が選出したカタールW杯出場国の「ユニホームランキングTOP10」

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!