現地時間11月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループステージ(E組)第1戦で、FIFAランキング24位の日本は同11位のドイツと対戦。前半はPKから先制点を許すなど、戦前の予想通り大苦戦を強いられるも、反撃に出た後半に堂安律と浅野拓磨がネットを揺らし、2ー1での逆転勝利を収めた。

 日本は歓喜に沸き、ドイツは葬式ムードとなるなか、第3国の反応はどうなのか。英紙『Daily Mail』は「Sportsmailのドーハ取材班が語る。日本戦の敗北を歓迎する理由」と題した興味深い記事を掲載。「カタールでの衝撃的な結果に、中立の立場の人々は大喜びしていた」と伝えたうえで、以下のようなマット・バーロウ記者の証言を紹介している。

「EURO2016でイングランドがアイスランドに負けた時も、みんな歓声を上げていたよ。それは傲慢だと思われているからだ。イングランド、ドイツ、そして他のいくつかの国は、自分たちはサッカーが得意で、何をやってもOKだと考えているのだと思う。ドイツ人はたくさん勝って、たくさん決勝に行くのを見てきたんだろう。レベルが違うとうぬぼれているんだ」
【W杯PHOTO】堂安だ! 浅野だ! 日本代表が大金星を挙げた大国ドイツとの歴史的一戦を厳選フォトでお届け!
 バーロウ記者の同僚、マーティン・サミュエル記者も同意。中立派はフットボールがもたらすドラマと番狂わせを好むと見解を示している。

「もしブラジルがサウジアラビアにノックアウトされたなら、ジャイアントキリングという側面がある。人々はジャイアントキリングが好きなんだ。例えば、ニューカッスルを悪く言う人はいないが、FAカップでスティーブネジ(現4部)と対戦すると、スティーブネジのほうが小柄で劣勢だからと、勝利を望む人がいる。それがフットボールの本質なんだ」

 歴史的勝利を挙げた森保ジャパンは、エンターテインメントとしても多くの人々を魅了したようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】カタールW杯のスタンドを華麗に彩る“美しきサポーターたち”を厳選!