11月27日、カタール・ワールドカップの日本対コスタリカが行なわれ、日本が0-1で敗れた。

 日本は5バックで守備を固めるコスタリカに苦戦。攻めあぐねる時間帯が続くと、81分に失点してしまう。試合はそのまま0-1でタイムアップとなった。

 試合後、インタビュアーの内田篤人氏が「まずは試合全体を振り返ると、どうですか?」と守田英正に質問した。

「油断がなかったなか、100%の準備しましたし、実力で敗れたと思います」

 悔しい気持ちをこう明かした守田は、さらに言葉を続けた。

「やっぱり、ボールの失い方が悪いとカウンターを食らいます。絶対に先制点が欲しかったなかで、こっちの攻撃はすごく効いてはいたんですけど、点が取れなかった。連係ミスで失点して、苦しくなってしまったと思います」
 
 次戦は12月1日(日本時間2日4時)にスペインと対戦。内田氏に「次のスペイン戦に向けて意気込みをお願いします」と問われた守田は次のように答えた。

「絶対に次は勝たないといけなくなりましたし、本当に強い相手ですけど、この数日しっかり準備して絶対に勝ちます」

 スペイン戦で守田はどう奮起するのか。そのパフォーマンスに注目したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

【W杯PHOTO】試合前後の緊迫した選手入場口…試合では見れない日本代表の表情を厳選!

【W杯PHOTO】ハリファ国際競技場に駆け付けた日本代表サポーターを特集!〜part1〜