元日本代表の大久保嘉人氏が11月28日に放送されたフジテレビ系の情報番組「めざましテレビ」に出演。森保ジャパンについて語った。

 現地からレポートした大久保氏は、日本が0−1でコスタリカに敗れた一戦を、「全体的に日本のミスがかなり目立った。日本は攻められてから、奪ったところを縦に出して得点をするスタイルだが、コスタリカは守り重視。なかなか日本が攻めるシーンが少なかった。相性が悪かった」と振り返る。

 また、敗因には「攻撃を焦りすぎた。コスタリカは5バックのチームでディフェンスに厚みがある。そういう相手には、しっかりとパスを回して崩していかないといけないが、早く縦に行こうとし過ぎてミスが目立った」と分析した。
 
 さらに、その後に行なわれたスペイン対ドイツ(1−1)も観戦した大久保氏は、日本が次に戦うスペインについて「サイドからの攻撃が非常に上手くて、今日は幅を使ったサッカーができていて。チームのコンディションが、かなり良さそうだった」と解説。

 そのうえで、日本のポイントになる選手には遠藤航をセレクト。「スペインはボールを回してくるチーム。ボランチが、いかにそのボールを奪って縦につなげられるかが勝利へのカギになる」と期待を寄せた。

 森保ジャパンにとって大一番となるスペイン戦は、日本時間12月2日の早朝4時キックオフ予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

【W杯PHOTO】日本 0−1 コスタリカ|終始ボールを握るも得点奪えず…一瞬のスキを突かれ失点し完封負けを喫する

【W杯PHOTO】アフメド・ビン=アリー・スタジアムに駆け付けた日本代表サポーターを特集!〜part1〜