清水エスパルスとジュビロ磐田が同時降格し、リーグ創設以来初めてJ1から静岡のクラブがいなくなる。その異変は、静岡県民にとって大変なショックであり、屈辱でもあった。

 実際、筆者の周辺のサッカー関係者も、一様に暗いムードを漂わせていた。どちらもかつては黄金期を築き、複数のタイトルを獲得してきたクラブだけに、県外でも「サッカー王国・静岡の凋落」という話題が目立った。

 ただ、暗い話題ばかりではない。「元祖サッカーの街」藤枝で2009年に誕生した藤枝MYFCが、11月20日に初のJ2昇格を勝ち取ったことは、一筋の光明と言える。

 その結果、来季はJ2リーグに静岡勢が3クラブという異例の状況に。当然、三つ巴の新たな静岡ダービーが生まれ、静岡県民注目の一戦が計6試合行なわれる。

 これは県内のサッカーへの関心が高まるきっかけにもなりうるだろう。そんななかから2024年シーズンにJ1に上がるクラブが出てくれば、静岡サッカーのプライドも多少は回復することができる。

 そうした観点で来季の静岡3クラブを展望すると、もっともJ1昇格の可能性が高いのは、やはり清水だろう。

 クラブ初のJ1得点王となったチアゴ・サンタナや日本代表GK権田修一をはじめとする今季の主力選手がどれだけ残るか現時点では分からないが、今年6月から指揮を執っているゼ・リカルド監督の続投はすでに発表されている。

 今季はチームを残留に導けなかった同監督だが、やってきたサッカーの質はけっして低いものではなく、内容的には上位チームを倒せるだけの戦いを見せていた。だが、チーム全体が悪い流れにハマって自信を失い、勝ちきれなくなってしまったことが痛かった。
 
 そう考えると、結果を出して自信を取り戻すことができれば、J2で抜きん出た力を示せる可能性もある。それだけの戦力や体制は整っている。

 2007年にペトロヴィッチ監督のもとでJ1から降格したサンフレッチェ広島は、翌年のJ2でも同監督を続投させて独自の攻撃サッカーを開花させ、圧倒的な強さで優勝。J1復帰1年目の2009年に4位まで登り詰め、森保一監督に引き継いだ2012年のJ1制覇につなげた。筆者としては、そんな復活劇を夢見ている。

 それに対して磐田は、契約規則違反によってFIFAから新規選手の登録禁止等の制裁を申し渡されたことが非常に痛い。磐田としては不服申し立てをしているが、決定が覆る可能性は低いと見られており、来シーズンの加入が内定していた新卒選手との仮契約をすでに解除している。

 実際にその制裁が施行され、来季に向けて新戦力の補強ができないとなると、今季の最大の課題であったストライカー不足を、現有戦力で埋めなければならない。

 もちろん補強ができなかったとしてもJ2で十分戦えるはずだし、1年でJ1に復帰できるだけの戦力はある。だからこそ、選手個々を成長させながらチームとしての方向性を定め、この窮地を救うことができる手腕を持つ指揮官を招聘できるかどうかが最大の注目点となる。

 強化の責任者であるスポーツダイレクターにクラブのレジェンド・藤田俊哉氏が就任し、社長も交代。体制が変わるなかで、未来につながるチームの基盤を整備できるのか。失策続きだったフロントの底力も問われる2023年となる。
 
 そして、最も未知数だが、最も楽しみがふくらむ新興勢力が、藤枝だ。

 昨年夏に就任してから着実に超攻撃的サッカーを育て上げてきた須藤大輔監督が目ざすのは「究極のエンターテイメントサッカー」。正確にパスをつなぎながらボールを支配し、連動した動きとパスでアタッキングサードを攻略して、1点や2点では満足せず。3点、4点、5点とゴールを積み重ねていく。

 ボールを失った後のハイプレスによる「即時奪回」も身上で、それによってほぼ相手陣内で試合を進めるハーフコートゲームを理想としている。

 今季のJ3では、1試合平均得点が1.71、1試合平均失点が0.85(どちらも優勝した、いわきFCに次ぐ2位)。内容も「非常に面白いサッカー」と県内外から高く評価されている。

 須藤監督はJ2でも超攻撃的スタイルを貫き通すことを明言しており、「J2のほうが前から激しく(プレスに)来るチームが少なく、やりやすいんじゃないかと感じています」と語る。このサッカーで本当にJ2でも旋風を巻き起こせるのか。

 今季のJ2では、藤枝のスタイルと近い面のあるロアッソ熊本が、J2昇格1年目ながらJ1参入プレーオフ決定戦まで進むという躍進を見せた。藤枝もその再現を目論んでいる。

 以上を踏まえて静岡ダービーについて考えると、最もモチベーションが高いのは、偉大な先輩クラブたちと初めて同リーグで戦う藤枝だろう。自分たちの攻撃サッカーを貫いて清水や磐田を倒すことができれば、まさに下剋上。すでに「ダービーが本当に楽しみ」と言っている選手は多い。
 
 当然、清水にも磐田にも、藤枝には絶対に負けられないというプライドがある。会社としての経営規模にも選手の年俸総額にも大きな差がある。そうした地力の差を先輩クラブが見せつけられるのか、失うもののない藤枝の果敢な挑戦が結果につながるのか。

 地域性という意味でも、とくに清水と藤枝は、サッカーに関するライバル意識が昔から非常に強かった。どちらもサッカー王国を築き上げるうえで大きな役割を果たしてきた街だけに、住民に根付くプライドは高い。サポーター同士のバチバチ感も相当強烈になることだろう。

 もちろん、清水と磐田の伝統的な静岡ダービーは、1999年のチャンピオンシップも含めて常に熱い戦いを繰り広げてきた。J2で対戦するのは初めてだが、負けたくないという気持ちが弱まることはない。

 また、県内4つめのJクラブ=アスルクラロ沼津は、来年もJ3が舞台となるが、その指揮官として静岡サッカーのレジェンド・中山雅史氏を起用。こちらも注目度は俄然高まるはずだ。

 テレビ、新聞、ラジオ等でサッカーを取り上げる機会が、他地域よりも異例に多い静岡県。県外から来た選手は、まずそれに驚くことが多い。その意味でも、来季は露出が減るどころか、逆に増える可能性が大いにある。

 J2での三つ巴の切磋琢磨が各チームのレベルアップにつながり、静岡のサッカー熱に再び火をつけていく。そうした好循環を巻き起こすことができれば、2022年の失望が、未来への希望につながっていくことだろう。

取材・文●前島芳雄(スポーツライター)

【J1第31節PHOTO】清水1−1磐田|満員御礼の静岡ダービー。熾烈な残留争い。激闘の90分はジャーメイン良の劇的弾でドロー決着…!

【W杯PHOTO】運命のスペイン戦へ再始動!トレーニングを行った日本代表!