現地時間12月1日、カタール・ワールドカップのグループE第3節で、日本代表はスペイン代表と対戦。決勝トーナメント進出がかかる大一番を迎えた。

 日本のスタメンは、GKに権田修一、3バックは谷口彰悟、吉田麻也、板倉滉、ダブルボランチは守田英正と田中碧、ウイングバックは左に長友佑都、右に伊東純也、2シャドーは鎌田大地と久保建英、1トップに前田大然というラインナップだ。

 1勝1敗の勝点3でグループ2位の日本に対し、スペインは1勝1分の勝点4で首位に立つ。優勝候補に挙げられる欧州の強敵に対し、この日はスタートから3バックを採用した日本は、守備時は5−4−1で構えて対抗する。

 8分には、さっそくチャンスを得る。高い位置で奪い、最後は伊東が右足で狙うが、シュートは枠を捉えず。

 試合の入りは悪くなかったが、11分、先手を取られる。アスピリクエタのクロスからモラタにヘディングシュートを許し、ゴールを割られる。
 
 スペインの圧倒的なポゼッションの前に、日本は我慢の時間が続く。しっかりと守備陣形を整えながら、相手のパスワークに必死に食らいついていく。

 辛抱強く守りながら、攻撃では敵陣にボールを運ぶ場面も作るが、思うようにフィニッシュに持ち込めない。カウンターを繰り出してもテンポ良くパスがつながらず、そこで奪われ、また守備に回される。

 36分には鎌田がエリア内に侵入してシュートを試みるも、相手DFのブロックに阻まれる。

 39分に板倉がハードなチャージがファウルを取られ、警告を受ける。大会通算2枚目のイエローとなり、次節は出場停止に。
 なかなかリズムを掴めずにいる日本。追加点こそ与えなかったが、ビハインドに追いつけず、0−1で前半を折り返す。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!