[高校選手権準決勝] 岡山学芸館(岡山) 3(4PK1)3 神村学園(鹿児島)/1月7日(土)/国立競技場

 優勝候補の一角である神村学園との打ち合いの末、持ち込んだPK戦。岡山学芸館の高原良明監督はキッカーたちに、「GKがしっかり止めてくれるので、後悔のないようにしっかり蹴り込みなさい」と指示したという。

 守護神のGK平塚仁(2年)は指揮官の期待に応え、相手3番手のキックを足でストップ。チームメイトがしっかり4人連続で成功させた岡山学芸館がPK戦を4−1で制し、初の決勝行きを決めた。

 3回戦の国学院久我山戦に続くPKセーブで、再びヒーローとなった平塚は、PK戦での活躍について、こう口にする。

「(岡山学芸館の)キッカーは全員3年生で頼もしく、力強く良いコースに打ってくれる。自分が止めたらチームがもっと楽になると思うと、絶対に1本1本、集中して止めてやろうと思っています」

 選手権では堂々としたプレーが目をひくが、これまでのキャリアは決して平たんではない。

 小学1年生の頃、学校の帰り道に貰ったチラシがきっかけとなり、アミティエSC草津のスクールでサッカー選手としてのキャリアがスタート。すぐさま夢中になった平塚は、雨の日にボールを蹴っている姿が目に留まり、限られた選手のみが進めるアカデミークラスに誘われた。定員のラスト1人枠だったという。

 サッカーを始めたばかりの選手もいるスクールとは違い、アカデミーは経験者ばかり。「周りより圧倒的に下手だったので、GKをやるしかなかった。ただ、ドッジボールが好きだったので、GKでも嫌ではなかった」と振り返る転向が今に繋がっていく。

 中学で進んだのは、関西の強豪として知られるMIOびわこ滋賀U-15。学年ごとのGKの枠は3人で、加入を辞退する選手が出たため、平塚が繰り上げで加入することになった。入ったものの、当時の平塚の身長は148センチだったのに対し、残りの2人は160センチを超えていた。

「入った時は絶対、2人にかなわないと思っていたし、弱気になっていました」
 
 ただ毎日、紅白戦をするたびに、「絶対、自分のほうが上手いと思っていた。ゲームがあるたびに絶対アピールしてやろうと思っていた」。ライバルであるGK塚田喜心(現・立正大淞南)は副キャプテンで、コーチングに優れる選手であったため、ファーストGKの座は奪い切れなかったが、中学3年生の頃には塚田と張り合えるだけの技術と存在感を見せていた。

 中学卒業後も身長は伸び続け、今では184センチの大型守護神となった。キックの飛距離も十分で、2年目を迎えた今季はレギュラーに定着し、今ではチームに欠かせない選手となっている。

 日本がベスト16まで進んだワールドカップも平塚の刺激になっている。「ワールドカップで権田(修一)選手を見たのが大きい。シュートを止めたあとも味方とハイタッチして喜ぶのではなく、『まだコーナーがあるぞ』と言っていた。今がどういう状況なのかを冷静に一番見えているGKが見極めないといけないと、権田選手から学んだ」。

 この日の平塚もPKを止めた瞬間は、まだ決着がついていないため、控えめに小さくガッツポーズをするだけだった。大会がまだ1試合、残っているのはよく分かっている。国立が舞台でも、冷静さを失わない守護神の活躍はまだ続きそうだ。

取材・文●森田将義

【選手権準決勝PHOTO】神村学園3(1PK4)3岡山学芸館|壮絶な打ち合いを制した岡山学芸館が決勝進出!!

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新18代目の凛美まで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!