現地時間1月14日に行なわれたスコティッシュリーグカップの準決勝で、日本人選手6人を擁するセルティックは、キルマーノックと対戦。古橋亨梧、前田大然、旗手怜央が先発し、小林友希がベンチスタート。井手口陽介と岩田智輝はベンチ外となった。

 直近のリーグ戦では2−0で勝利している相手に対し、セルティックは試合序盤にピンチに見舞われる。6分、自陣でのミスからマッケンジーに鋭いミドルを浴びたが、これはGKハートの好セーブで事なきを得る。

 時間の経過とともに盛り返していくと、18分、エリア手前右で得たFKのチャンスで、相手のクリアが前田に当たってそのままゴールイン。先制に成功し、前半を1点リードで折り返す。
 
 迎えた後半、セルティックは49分に味方のシュートのこぼれ球を、ゴール前に飛び出してきた旗手が押し込みネットを揺らしたが、オフサイドの判定で得点は認められなかった。

 さらに60分にも、古橋のパスに抜け出した前田が右足を一振り。ボールはゴール右上に突き刺さったが、古橋の位置がオフサイドと判定され、再びノーゴールとなった。

 後半アディショナルタイムには相手のミスからギアクマキスがゴールを決めて追加点。試合はこのまま2−0で終了し、セルティックが決勝進出を決めた。出場の機会が訪れなかった小林の新天地デビューは持ち越しとなった。

 セルティックは、決勝戦でレンジャーズ対アバディーンの勝者と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】前田の驚愕先制点&古橋が執念で叩き込んだ値千金弾!宿敵レンジャーズ戦で決めたアベック弾をプレイバック

【W杯PHOTO】ワールドクラスの美女サポーターずらり! スタジアムを華やかに彩る麗しきファン厳選ショット!

【W杯PHOTO】現地カタールで日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!