現地時間1月22日に開催されたプレミアリーグ第21節で、首位のアーセナルを追いかける2位のマンチェスター・シティはホームでウォルバーハンプトンと対戦。3−0の快勝を飾った。

 その全ゴールを叩き出したのがエースのアーリング・ハーランドだ。まずは40分、ケビン・デ・ブライネが右サイドから送り込んだピンポイントクロスに豪快なヘッドで合わせて先制点を奪取すると、50分にはPKをしっかり決めて2点を挙げる。
 
 そしてその4分後、敵のビルドアップを奪取したリャド・マハレズからパスを受けると、冷静にトラップしてからゴールに流し込んだ。

 早くも今シーズン4度目のハットトリックで、出場19試合で25ゴールとなったノルウェーの怪物にファンも驚嘆。「もう意味分からん」「シーズン折り返しで25ゴールはさすがにえぐない?」「シーズン50ゴールはいけるぞ」「もう去年の得点王を抜いてしまった」「19試合25ゴールは意味わからないです」「流石にバケモノといわざるをえない」「19試合で25ゴールはエグすぎ」といった声があがった。

 どこまでこの記録を伸ばしていくのか。とんでもないニューレコードが生まれる可能性も小さくない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「エグすぎ」「もう意味分からん」とファン驚嘆!ハーランドの圧巻ハットトリック

【W杯PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

【W杯PHOTO】ワールドクラスの美女サポーターずらり! スタジアムを華やかに彩る麗しきファン厳選ショット!