世界最高峰のプレミアリーグで強烈なインパクトを残しているブライトンの三笘薫は、大学時代にドリブルに関する卒業論文を書いたエピソードもいまや有名となっている。

 3月9日にも、海外メディア『Breaking Latest News』が「ブライトンの天才少年。ミトマとドリブル術」と題した記事を掲載。「ブライトンの日本人ウインガーであるミトマは、大学でドリブルの技術を学んだ。彼は現在、プレミアリーグの眩いピッチの上でそれを実践している」と伝えた。

「日本のウインガーは才能とスピードがあるだけでなく、筑波大学の卒業論文でドリブルの技術を学んだ」「彼は実際、今シーズンに疾走し、ファンの心に感銘を与えている」

【動画】「ひどいペナルティ」と敵将モイーズが怒り!三笘薫の“2人抜き”PK獲得シーンをチェック
 同メディアは、「日本代表選手は、ドリブルでオープンスペースを切り裂き、コンスタントにペナルティエリアに向かってボールを運ぶ。彼のドリブル成功率は50%強で、リーグで最も高い数値のひとつだ」と続けている。

「彼はまた、安定したパスワークでも説得力を持ち、オフェンシブな場面でのパスの中心を担う。プレミアリーグのウインガーで、統計上これほど多くのパスを出し、これほど高いレベルのパス成功率の選手はほとんどいない (彼のパスの80%以上がチームメイトに渡っている)。」

 記事は「彼のスキルにより、ミトマはプレミアリーグでディフェンダーを打ち負かし、その理由を科学的に説明する唯一の選手かもしれない」と締めくくっている。

 海外では異色のキャリアを持つ有望株に興味津々のようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「交代前の爆速ドリブルすこ」「ウイイレやん」とファン驚嘆!三笘薫、試合終盤に披露したキレキレドリブル

【動画】「GKは防げない」「ファンタスティック」と英国メディアが激賞!三笘薫が決めた圧巻のスライディング弾