福岡から広島、広島から福島へ。これは筆者がフェスティバル取材の流れで辿ったルートだが、これと全く同じルートを辿った選手が高川学園のエースストライカー・山本吟侍だ。

 山本は「大迫勇也選手は、背負いながらも前を向いていくプレーができるフォワード。そういったフォワードは日本ではあまり少ないと思うので、僕はそこを狙っています」と相手を背負ってでも、間合いを開けられてでも、前を向いて打開し、ゴールを決め切るストライカーになるという理想像を持っている。

 その理想像に近づけるだけの能力を持っている。180センチのサイズを持つ山本の特徴は、その長い手足にある。股関節と肩甲骨の可動域が広く、長い手足を苦なく操作できる。だからこそ、ボールを受ける際に勢いのあるボールをDFを背負いながらでも身体で吸収して足もとに収めたり、鋭いターンで前を向いてすぐに縦に仕掛けたりできる。

 シュートのミートポイントも広く、身体に接近したボールも、離れたボールでも正確に足を振り抜けるからこそ、相手DFからするとどこからでもシュートを打たれる感覚に陥る。

「前向きでいなすことも、背負っていなすことも好き。これは小学生の時、技術にフォーカスを当てたチームで足もとを磨いて、高川学園中ではボランチをやらせてもらって、高校に上がってからはフォワードで背負うプレーを教えてもらえたからこそ、いろんな形の引き出しを持てるようになったと思います」
 
 高校トップレベルの力を持つ山本は、冒頭で触れた通り忙しい春を過ごしている。その流れを辿ってみると、福岡では翌日からサニックス杯国際ユース大会に出場をする青森山田との練習試合に出場。相手の強度の高い攻撃に対し失点を重ねたチームにおいて、1人気を吐く形で2ゴールをマークした。

 そして広島では中国新人大会に出場し、初戦の市立沼田戦では、前線での正確なポストプレーで起点になると、右足ミドルを突き刺して4−1の大勝に貢献。チームは勢いに乗り、決勝まで進出すると、決勝では前半の35分間のみの出場ながら2ゴールを決めて、3−1の勝利に導き、チームも大会4連覇を達成した。

 山本は前半終了後、すぐにスタジアムを離れて、福島に移動。Jヴィレッジカップに参戦しているU-17日本高校選抜に途中合流した。Jヴィレッジカップは連戦の影響かノーゴールに終わったが、すべての場所でプレーを見てみて、今年に入ってさらに進化を感じる部分があった。

 それはターンの質の向上だ。背負った状態でボールを受ける時に、重心を相手側に預けっぱなしにするのではなく、受けた瞬間に軸足を抜く形でターンに入る。これによって2枚目、3枚目の相手を素早いボールタッチでかわせる。

 実際に中国新人大会でも3人に囲まれた状態で、1人を背負って胸トラップしてから、すぐさま右足でボールをコントロールしてトラップ際を狙ってきた2枚目のDFをかわし、さらに加速をしてもう1人をかわして突破して見せた。

「ターンの質は江本(孝)監督からずっと言われてきたし、意識をしてきました。もっと磨いて前線でやれることを増やしていきたい」

 卒業後の進路はプロか大学かまだ決めていないという。ただ、どちらの道を進んだとしても自分が成長をし続けなければ「息の長いサッカー選手になりたい」という将来ビジョンには到達しない。

 日本列島を駆け抜けたストライカーは将来の選択も考えながら、さらなる成長をイメージして高校最後の1年をスタートさせた。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新18代目の凛美まで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!