J2の大宮アルディージャは5月19日、相馬直樹監督の退任を発表した。

 相馬監督は昨季の5月に途中就任。1年目は19位でシーズンを終え、残留に導く。2年目の今季は、チームはホームで圧倒的な強さを見せていたが、9節・群馬戦以降は低迷。6連敗を含む8戦未勝利で、直近の16節・いわき戦に敗れ、最下位に転落していた。
 
 後任は原崎政人ヘッドコーチが昇格。21日の17節・仙台戦に新体制で臨む。かつて仙台で指揮を執った原崎新監督にとっては、さっそく古巣との対戦となる。

 以下、相馬前監督と原崎新監督のコメント。

■相馬前監督
「このたび、大宮アルディージャトップチーム監督の任を解かれることとなりました。昨年5月に就任してから熱く戦えるチームへの変革を目指して来ましたが、結果がなかなか伴わず、期待に添えぬままこの日を迎えることになってしまったのは残念です。苦しい時期の方が多かった一年間でしたが、そうしたなかでも私を信じて一緒に戦ってくれた選手、チームスタッフ、そしてファン・サポーターの皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。残りのシーズン、選手たちの活躍とチームの勝利を心より願っています。ありがとうございました」

■原崎新監督
「このたび、監督に就任いたしました、原崎政人です。大宮アルディージャにかかわるすべての皆さまには、J2リーグ最下位という辛く悔しい思いをさせてしまい、大変申し訳ありません。大宮アルディージャ創立25周年という節目のシーズンを、この状態のまま続けるわけにはいきません。現状を打開するべく、早急にチームの底上げをし、残り2/3のゲームを一丸となって総力戦で戦い切ります。大宮アルディージャファミリーの皆さまには、『サッカーは楽しい』『また次も観たい』と思ってもらえるように、必ず強いチームに成長させます。勝点を積み上げ、着実に力をつけたその先に、プレーオフ圏内・J1昇格を目指したいと思います。ファン・サポーター、パートナー企業、ホームタウンの皆さまからの後押しに、いつも本当に感謝しております。どうかこれからも応援をよろしくお願いいたします」

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】雨の中、愛するチームと共に戦った大宮アルディージャサポーター!

【画像】美人すぎるフットボーラー、仲田歩夢の厳選ショットを一挙お届け!

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!

【画像】錚々たるレジェンドたちが選出! Jリーグ歴代最強イレブン