Jリーグは9月3日、J1第26節の2試合を開催した。

 神戸は本拠地で京都と対戦し、2−1の勝利。6分に原大智に決められ、先制を許す展開も、18分に川﨑修平のJ1初ゴールで同点に追いつく。52分には、裏へ抜け出したジェアン・パトリッキが冷静にネットを揺らし、追加点を挙げた。このまま終了し、3試合ぶりの勝点3を手にした神戸が、再び首位に浮上。敗れた京都は、今季2度目の3連勝とはならなかった。

 福岡はFC東京を2−1で下した。開始2分、佐藤凌我のボレー弾で先制して勢いに乗ると11分には山岸祐也が追加点を奪う。一進一退の攻防となるなか、86分に熊田直紀に決められ失点も、リードを守り切った福岡が3試合ぶりの白星。FC東京は3戦未勝利と苦しい状態が続いている。
【動画】神戸J・パトリッキの決勝弾!
 J1第26節の結果は以下のとおり。

▼9月2日開催
札幌 4−0 G大阪
新潟 1−1 浦和
名古屋 1−1 横浜FC
柏 2−0 横浜
湘南 2−2 鹿島
C大阪 3−0 川崎
鳥栖 0−2 広島

▼9月3日開催
FC東京 1−2 福岡
神戸 2−1 京都

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

平畠啓史チョイス“至極の11人”|3人を選んだ鹿島からMVPをセレクト。カンテの喜び時間差攻撃はハマる【J1月間ベストイレブン8月】

電撃加入のマタが語った神戸入団の理由。旧友のイニエスタらの影響は?

「私はそんなことしないよ!」真野恵里菜が夫・柴崎岳の鹿島復帰にあたっての“匂わせ投稿疑惑”を完全否定!「ちょっと違う方向で…」