フェイエノールトのアルネ・スロット監督が上田綺世の負傷を嘆いている。

 上田は今季、ベルギーのサークル・ブルージュからクラブ史上最高となる1000万ユーロ(約15億円)でフェイエノールトに移籍。加入後4試合目となったユトレヒト戦(5−1)では、途中出場から移籍後初ゴールを奪っている。

 さらに日本代表としては、先日行なわれたドイツ代表戦(4−1)に先発。勝ち越しゴールを決めた。しかしその試合で負傷し、代表チームを離脱。数週間、戦列を離れる見込みのようだ。

 これにより上田は、16日のヘーレンフェーン戦やチャンピオンズリーグ(CL)初戦となる19日のセルティック戦も欠場となる可能性が高い。CLの開幕2試合では、ポジションを争うエースのサンティアゴ・ヒメネスが、出場停止となるため出番が期待されたが、CLデビューはお預けとなりそうだ。
【動画】上田綺世、移籍後リーグ戦初ゴール!
 オランダメディア『NOS』は「スロット監督は、獲得したばかりの日本人ストライカーの怪我に落胆している」と報道。指揮官のコメントを紹介している。

「ストライカーに大金をかけた理由のひとつは、サンティアゴの(CL)2試合の出場停止を良い形で埋めるためだった。それなのに、上田が今週末(ヘーレンフェーン戦)に出場できず、火曜日(セルティック戦)にもプレーできないのはイライラする」

 フェイエノールト移籍後初ゴールや、ドイツ戦での勝ち越し弾など好調だっただけに、上田の離脱はチームにとって小さくない痛手となりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「日本人が試合のハイライトとなった」待望の移籍後初ゴールを決めた上田綺世、現地メディアが称賛!「満員の観衆を熱狂させた」

「記者のポリシーがありますよね?」上田綺世がフェイエノールト入団会見でまさかの逆質問! 滲み出た“動き出しの極意”への矜持【現地発】

「こんなの決めたことないです」三笘薫が“衝撃ぶっちぎり弾”でプレミア月間最優秀ゴール賞を獲得!日本人初の快挙に「なかなかいただけない賞」