チームは守護神の華麗なゴールで黒星を回避した。劇的な終了間際の同点弾に、ラツィオ陣営とサポーターは沸いている。だが、鎌田大地にとっては不本意な初戦となった。

 鎌田は9月19日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第1節アトレティコ・マドリー戦で先発出場し、62分までプレーした。前半に失点に絡み、地元メディアから厳しく評価されている。

 29分、日本代表MFはパブロ・バリオスのエリア外からのシュートに反応。思わず出した足に当たったボールは、GKイバン・プロベデルの逆を突いてゴールに転がり込んだ。

 この1点が響き、終盤まで追う展開を余儀なくされたラツィオだが、ラストプレーで起死回生の同点弾。セットプレーの流れでルイス・アルベルトのクロスから、攻撃参加していたプロベデルが見事なヘディングシュートを決め、貴重な1ポイントを手に入れた。

 ラツィオ専門サイト『La Lazio Siamo Noi』は、採点記事で鎌田に及第点の6点をつけ、「足を出して、不運に見舞われた。序盤は技術面で何度かミス。その後はいつもの飛び出しを何度も試みて良くなっていった」と、やや同情気味に評価している。

【画像】後半ATに叩き込んだラツィオGKプロベデルの劇的同点弾!
 だが、多くのメディアは鎌田に及第点以下の採点をつけた。

『Gazzetta dello Sport』紙は5.5点とし、「たくさん走り、役立つことをたくさんしたが、組み立てでミスもあった」と評している。

「だが、パフォーマンス全体に岩のごとく響いたのは、バリオスの先制点となったディフレクションだ」

 5点とした『EUROSPORT』は、「まったくとは言わずとも目立たなかった」。同じく5点の『calciomercato.com』は、「この上なく不運だったことは疑いない」としつつ、厳しめに評価した。

「だが、あのロングレンジからのシュートで彼があそこにいるべきだったのかという疑いはある。これが心理的に影響し、パフォーマンスに響いた」

 ラツィオ専門サイト『cittaceleste』は、4点とかなりの辛口評価。「ボールとポジションを探してピッチをさまよった。スタンドから見ていても、完全に戸惑っているという感覚が強い」と断じている。

 移籍先を決める際にCL出場を重視したほど、欧州最高峰の舞台で戦うことへの意欲を見せていた鎌田だけに、この日の出来を悔しく思っているだろう。次節はセルティックと敵地で対戦。古橋亨梧ら多くの日本人選手との対決で、鎌田は輝きを放てるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「秩序と強度をもたらすのに苦労した」失点に絡んだラツィオ鎌田大地、現地メディアはチーム最低の評価「疲労で方向感覚を失い…」

「今の彼は私より優れている」手が付けられない久保建英をソシエダのスーパーレジェンドが大絶賛!「1対1で素晴らしいし、左足のシュートも上手い」

「役に立たなかった」なぜ天敵ワン=ビサカを起用せず? マンUの三笘対策を“愚策”と現地酷評!「まるでチャリティーマッチのようだった」