ラツィオGKイバン・プロベデルが決めた劇的弾に多くの反響が集まっている。

 現地時間9月19日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第1節で、日本代表の鎌田大地が所属するラツィオはホームでアトレティコ・マドリーと対戦。1−1のドローに終わった。

 この試合で見事な同点弾を奪ったのが、ラツィオのGKプロベデルだ。1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイム、ラストプレーとなるCKの場面でゴール前に上がる。すると、CKのこぼれ球を拾ったルイス・アルベルトのシュート性のボールに反応。見事な動き出しから豪快なヘッドを叩き込んでみせた。
【動画】「漫画やん」「点取り屋の動き出し」など話題!ラツィオGKプロベデルの劇的弾
 このドラマチックなスーパーゴールに「シュート上手すぎ」「点取り屋の動き出し」「なんでフォワードみたいな動きできるの」「ストライカー顔負け」「キーパーが決めたゴール史上1番」「オフ・ザ・ボール完璧」「漫画やん」「胸熱」「飛び込むタイミング抜群」「ドンピシャすぎる」などの声が上がった。

 試合後、プロベデル本人は「生涯忘れられない夜になるだろう」とコメントを残している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「インモービレを研究していたんだ」ラツィオGKプロベデル、後半ATの劇的弾を振り返る!「生涯忘れられない夜になるだろう」 

「この上なく不運」「完全に戸惑っている」CL初戦で失点関与の鎌田大地に伊メディアは辛口評価

「今の彼は私より優れている」手が付けられない久保建英をソシエダのスーパーレジェンドが大絶賛!「1対1で素晴らしいし、左足のシュートも上手い」