現地時間10月29日に開催されたマンチェスター・ユナイテッドとのダービーを制し、勢いを増すマンチェスター・シティ。その指揮官ジョゼップ・グアルディオラは、パリ・サンジェルマンで輝きを放つ17歳のMFに注目しているようだ。

 それがフランスU−21代表のワレン・ザイール=エムリだ。今シーズンはルイス・エンリケ新監督の下でインサイドハーフもしくはセントラルMFで定位置を掴むと、公式戦12試合に出場し、1ゴール・5アシストの活躍を披露している。

 10月29日に行なわれたリーグ・アン第10節のブレスト戦でも見事なミドルシュートをゴール左上に叩き込み、今シーズン初ゴールをマークした。

【動画】ザイール=エムリのブレスト戦での強烈ミドルシュート弾!


 以前からペップはザイール=エムリの大ファンだと発言していて、フランスメディアの『Footsur7』によれば、ここ最近も自らザイール=エムリに電話をかけてコンタクトを取ったという。さらに、マンチェスター・Cが1月の移籍市場でオファーを出す可能性があるとも伝えている。

 プレミアリーグ王者がアプローチを強める背景には、ザイール=エムリがパリSGとの契約延長交渉が大筋で合意に達したとの報道があるからだろう。マンチェスター・Cだけでなくバイエルンやドルトムントなど複数のクラブがこの17歳の動向を注視している。

 パリSGの現行契約は25年6月末まで。細かい条件面での議論はまだ続いているようで、1月の移籍市場が解禁される前に新契約がまとまっていなければ、オファーが殺到しそうだ。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

「醜い日本サッカー。暗黙の了解だ」75分間シュートを打たず...なでしこJの“予想外の戦い方”を中国メディアが辛辣批判!「スポーツを完全に汚した」「我々が犠牲に」

「賢明な補強だった」デュエル、タックル、パス成功率...遠藤航の驚異的スタッツに英メディアが注目!「価値を証明した」

【PHOTO】スーパーモデル級の美貌! 名将ペップの愛娘、マリア・グアルディオラの悩殺ショット集をお届け!