現地時間10月29日に開催されたデンマークリーグで、鈴木唯人が所属するブレンビーはノアシェランと対戦した。

 この一戦で鈴木はリーグ戦初先発を果たすと、2トップの一角として59分までプレー。得点はならなかったものの、チームは2−1で勝利を収めている。

 デンマークメディア『bold.dk』によると、試合後のインタビューでブレンビーのイェスパー・ソーレンセン監督は、鈴木について「満足している」と述べ、「スペースに顔を出すのが得意で、ダイレクトプレーも上手い。動きが素早いので相手は苦労していた」と称賛した。
【PHOTO】2023年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち
 一方で「パフォーマンスは良かったし、チームに溶け込みつつあるが、すべてを完璧にこなすのは期待していなかった。チームメイトとの“融合”がまだできていないからね」と連係面での指摘もしている。

 今夏に清水エスパルスからブレンビーに加入した鈴木。9月のカップ戦で移籍後初ゴールを挙げると、1日のヴィドーベ戦(3−0)では、2戦連発弾を奪った。ここからさらに出場機会を増やし、チームでの地位を確立できるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「16強で日本にリベンジできる」U-17W杯で韓国が雪辱に燃える! アジア杯決勝では完敗「再び、対戦することになれば...」

「日本から来た嵐のタレント」ボルシアMG福田師王の圧巻2発に現地称賛「さすがすぎる」「本当に期待」などの声

【PHOTO】9頭身の超絶ボディ! 韓国チア界が誇る“女神”アン・ジヒョンの悩殺ショットを一挙チェック