新天地での船出は、順調とは言えないものとなった。だが、シーズンはまだ長い。

 ラツィオの鎌田大地はこの1か月、出場機会が減っている。セリエA開幕から4試合は先発出場したが、直近はベンチスタートが定番に。ルイス・アルベルトがピッチを離れてからの、終盤の投入が常となりつつある。

 移籍先を選ぶ際に重視したチャンピオンズリーグ(CL)でも、グループステージ第3節でスタメンから外れた。マウリツィオ・サッリ監督は鎌田を評価するコメントを残しているが、選手本人にとって難しい状況が続いているのも確かだ。

【動画】王者ナポリから左足で鮮烈弾!鎌田大地の移籍後初ゴール
 それでも、ラツィオの中盤で活躍したレジェンドOBの元ブラジル代表エルナネスは、ラツィオ専門サイト『La Lazio Siamo Noi』で、「(同じく新戦力のマテオ・)ゲンドゥジとカマダは完全にプレーする準備が整ったと思う」と話している。

「私は良い選手たちだと思うし、セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチを筆頭に重要な選手たちが去って、CLとリーグ戦の2つの大会を戦っていくから、彼らが必要だと思う」

「彼らへの期待は大きい。序盤にすぐ一気にスタートできないのは普通のことだ。状況を理解する必要もある。新チームに来て、多くを期待されている中で、すぐに溶け込むのは簡単じゃない」

 CLフェイエノールト戦の手痛い黒星で批判を浴びたラツィオだが、10月30日に行われたセリエA第10節では、終了間際のチーロ・インモービレのPKで難敵フィオレンティーナに1−0で勝利した。

 開幕4戦3敗で酷評されたラツィオだが、10節を終えてCL出場ラインとは3ポイント差の7位。今季はまだこれから。鎌田も状況を好転させ、再び先発の座を取り戻せるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「想定外」鎌田大地はなぜ出場機会が激減したのか。ラツィオOBが見解「彼のせいでもあるし...」

「育ち悪すぎだろ」内田篤人も驚いた鎌田大地の“素顔”「もっと真面目なのかと思った」 

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!