現地時間11月3日に開催されたブンデスリーガの第10節で、浅野拓磨が所属するボーフムは敵地でダルムシュタットと対戦。2−1で待望の今季初勝利を飾った。

 初白星の立役者となったのが、2シャドーの一角で先発した浅野だ。25分、相手DFのクリアミスにゴール前で反応。GKをかわして巧みに流し込み、先制ゴールを挙げる。
 
 1−1に追いつかれて迎えた54分には、ショートカウンターでペナルティエリア手前の右寄りでボールを受けると、右足を一閃。ファーサイドに強烈なシュートを叩きこんでみせた。

 日本代表FWは、これがブンデスリーガでの自己最多記録を更新する今シーズン4ゴール目となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】今季初勝利に導く!浅野の圧巻2ゴールをチェック

【PHOTO】まさにスタジアムの華! ワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
「もはや偶然ではない」久保建英の交代→失点の“悪癖”にソシエダ番記者が苦言「タケがピッチにいるだけでどれだけ威圧感があるか」【現地発】

なぜ長谷部誠の出番が激減したのか。“最少失点”のフランクフルトで際立つ新加入DFの存在感。新生ドイツ代表への復帰も現実味【現地発】