現地時間11月3日に開催されたブンデスリーガ第10節で、日本代表FW浅野拓磨が所属するボーフムはダルムシュタットと敵地で対戦。2−1で勝利し、待望の今季初勝利を挙げた。

 この一戦で2ゴールを奪う活躍を見せたのが、2シャドーの一角で先発した浅野だ。まずは25分、ボックス内でディフレクションしたボールに反応。ファーストタッチでボールを浮かせて相手GKをかわし、右足で流し込んで先制点を挙げる。

 さらに1−1で迎えた54分には、ペナルティエリア手前の右寄りでボールを受けると、迷わず右足を一閃。鋭いシュートをゴール左に叩き込んで、勝ち越し弾を奪ってみせた。
【動画】浅野の美技弾&鮮烈ショット!
 クラブの公式サイトによると、見事な2ゴールを決めた浅野は「今日は良いプレーができましたけど、簡単ではなかったし、厳しい戦いでした」と試合を振り返っている。

「全力を尽くしたし、勝利に値した。でも、まだまだ改善できます。もちろん、2ゴールでチームに貢献できて良かったですし、初勝利できて嬉しいです。これはほんの始まりに過ぎず、一歩一歩、より多くのポイントを獲得していきたいです。このチームのためにすべてを捧げます」

 また、ボーフムのトーマス・レッチュ監督は浅野を絶賛。「3ポイントが我々にとって重要だった。今日は少しの運と強いタクマのおかげで勝てた。勝利に満足している」と述べている。

 これで、今季4ゴールとした浅野。第3節アウクスブルク戦(2−2)以来となるシーズン2度目のドッペルパックとなった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「夢のゴールを決めたアサノのショーだ」鮮烈2発の浅野拓磨をドイツ大手紙が絶賛!「日本人にとって最高の瞬間」「時速103キロで右隅に決めた」

「めっちゃ技ありやん!」ボーフム浅野拓磨の圧巻2発に称賛の声「凄すぎる。左で浮かして右アウト」「2点目もバカうまい」

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!